FC2ブログ

幻想の名を騙りそこに在る現実

先週更新しなかった?
一体なんのことやら。私は元気です。

20200427_3.jpg

リモートワークを始めて2週間が経過しました。
気付いたらあっという間ですね。

慣れた訳ではないですし、
フリーランスの方の仕事ってこんな感じなのかなーとか思ったりもしますが、
別に楽って訳ではないですね。

知り合いとか弟はリモートワークになり、楽になったとか、自由な時間が増えた。
などという感想を持っているようですが、どうもそうは思えません…

ちょうど忙しい時期が重なっていることもあり、
寝てる時以外ずっと働いているような感覚に陥ります。
(実際にはずっと働いている訳ではないんですけどね)

なんか仕事の「オンオフ」ってあるじゃないですか。
あれの境界線が溶けつつ、オンがオフ側に侵食しているような感覚です。
終電など足を心配する必要がないが故に、いつまでも働けてしまう。

自宅が仕事場になるって、こういうことなんだなと。
私の場合に限った話ですけどね。

みなさんはどうなんですかね。
リモートじゃない方もたくさんいらっしゃるとは思いますけど、
どんな気持ちを抱いてるんでしょうね。やっぱ業種によって違うのかな。

経済的打撃を受けてる業種もたくさんあるみたいですし、
この状況が沈静化された後、どうなるのでしょう…

日曜の東京の感染者数は13日ぶりに100人を下回ったとのことですが、
これが2週間で結果が分かると言っていたリモートワークによる成果なのか、
単純に日曜だから判明した人が少ないだけなのか…

月曜火曜でその答えが出るかもしれませんね。
外出自粛の効果はあるのか否か…最終的な結果は5月6日でしたっけ。そこでですね。

今年のGWはこの現状を踏まえて実家に帰省はしないことになりました。
当然といえば当然なんですけどね…祖父母に会えないのは寂しいです。



私は外出自粛に対して、

「まぁ普段頻繁に遊びに出かけてるわけじゃないし、そう大したことないやろ。」

とか思っていましたが、ちょっとキツイなというのが感想です。

外出自体は3日か4日に1度買い物に出かけているのと、
深夜帯に1度、ただ外を歩くだけの散歩をしました。

外に出れないのはそんなキツくないのですが、
人と会えない。しゃべる機会がないってのがちょっとキツイです。

それでも今はiPadとかでビデオチャットとかできますからね。
多少はその問題を解消しつつ、日々を送っています。



そういえば4月頭に母親が海外から帰国してきましたが、
父親もついに金曜日に帰国しました。

帰国してすぐ成田空港でPCR検査を行い、数時間待たされて陰性が判明し、
母親と同じく社用の専用バスで愛知まで移送。
今は自宅で2週間の待機をしています。

母親も家にはいるので、どうやら父親はトイレと入浴以外は寝室に軟禁状態らしいです。
(母親はリビングで寝てるらしい)

よくドラマとかである、部屋に引きこもってる息子に母親がご飯を持って行き、
ご飯をドアの前に置いておくってシーンありますよね。
あんな感じのことをしてるみたいです。

2週間が経過し、その後仕事がどうなるかは知りませんが、
一番問題だった父親が帰国し、とりあえず現状は陰性とのことでよかったですよ。

20200427_1.jpg

瞳や髪の毛描き込むと時間がかかるので軽めに…



現時点での私はかわいく描けたと思っていますが、
明日の私はそうは思わないかもしれない…

ホントかわいいって何なんでしょうね。





20200427_2.jpg

いつもの(と言っても2回目)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント