FC2ブログ

君の左手、僕の右手を繋いで繋げてはじめよう

ヤァ オヒサシブリデス !

ミナサン オゲンキニ シテイマシタカ ?



ということでお久しぶです。

気付いたらというか…まぁ分かってはいたんですけど、
今週更新しないと、1ヶ月以上の空白になってしまうんで流石に…と思い更新してます。

気付けば桜が咲き、そしてほぼ散ってしまっている状況ですね。

最後に更新した次の週、
「そろそろブログ更新しようかなー」と思ってたら、寝落ちして月曜の朝を迎えたんですよ。
そしてその後、毎週毎週、

「あぁ、先週更新しなかったから更新しなきゃ」

って気持ちと、

「先週更新しなかったんだから、今週もしなくていいやろ…」

というクズな気持ちが交錯して、
結局、記事用の画像をアップロードしただけで
ブログを更新しないということを続けてきた次第です。

20200329_5.jpg

あとは他事でここんとこ毎週末、PCで物書きをずっとしてて、
文字打つダルさもあったんで許してヒヤシンス。




いやぁ…この一ヶ月でコロナのせいで
色々と世の中の状況がクソみたいに悪い方向に進んでますよね。

コミケは中止、不要不急の外出は自粛。私の両親は一時帰国を断念。
書いてもいいこと無いのでこれくらいにします。

私はよく分かんないですけど、株だったり通貨の価値の変動でウハウハな人もいれば、
絶望的な状況になっている方も多いのではないでしょうか。

そういうことに詳しくなると、同時に様々なことに関心が持てて良いのかもしれませんね。
趣味ではなく、それを稼ぎの主力にする場合、
お金というリスクがあるからこそ必死になるというのもあるかもしれませんが…



更新してなかったこの一ヶ月分をさらっと書こうと思いましたが、
そんな書くこと無さそうだなーと思いつつ、今から頭捻って記事書きます(苦笑



3月に入ってから、職場の方から『メイドインアビス』という
アドベンチャー的なストーリーの作品をオススメされ、手を付けました。
知っている方も多いのではないでしょうか。

マンガ原作でアニメが2017年の夏に放送され、今年1月に映画が上映されている作品です。

2年以上前にアニメが放送されたと考えるとちと遅い感じもしますが、
映画がやっていた(やっている)ことを考えると、今からでも遅くない作品ですかね。

TVアニメ化したときにキービジュアルと当時発売されていた単行本の表紙を目にし、
ストーリーには一切目を通さず「ケモショタ的な作品なのかな…」と勝手に判断し、スルーしていました。

私はケモナーでもショタでもないので、特別そのジャンルが好きというわけではないんです。
作中の登場人物の1人として数人いるならいいのですが、そういうキャラばっかなのは…うーん…って感じです。
まぁ…、細田守監督の作品は「ケモショタやんけ…」と思いながら、それでも観てたりしてますが。

それが理由で『けものフレンズ』も一切手を触れていませんしね。
たつき監督の次の作品である『ケムリクサ』はめちゃくちゃ良かったですけど。

ナナチというキャラの存在と、レグの肌が浅黒いことで完全に獣人だと思ったわけです。
コミック1巻の帯には「機械人形(ロボット)」と書かれているんですけどね…

そんな感じでスルーしていたのですが、
面白いとのことで、いざアニメ1話を見たら誤解は解けました。

Amazonプライムビデオで全話観てその後、
このご時世ですが映画館で『劇場版メイドインアビス深き魂の黎明』を観ました。
今から2週間前の話になりますが、映画館は全然人がいませんでした。

グロい部分もありますが、普通に良い作品ですね。ナナチはかわいいですね。
作品の暗さと、OPとEDの呑気っぽいギャップが半端なくて、思わずCDを買ってしまいましたよ。

20200329_1.jpg

別に私はロリコンではないのですが、
私が中学生の頃、ルート分岐するきっかけとなった『まほらば』の
次に手を出した好きな作品『苺ましまろ』に親しい匂いを感じます。

20200329_6.jpg

マンガ絵柄は3,4巻辺り。アニメ作画はTV版がジャスティス。

いや、日常ものなのでジャンルは全く違うんですけど、なんというか絵の雰囲気がね。
あとゆるいシーンとか。まぁかなーり好きな作品だったりします。
決してロリコンではないのですが、かわいい女の子同士のほのぼのギャグコメディが面白いです。

だから『ゆるゆり』も好きなんですけどね。

現在マンガが8巻まで出ていますが、作家さんの作画進行がめちゃくちゃ遅くて、
7巻から8巻が出るまでに4年かかりましたんで、今からでも余裕で追いつけますよ。

『まほらば』は違いますが、『苺ましまろ』は私の描く絵柄に少なからず影響を与えていると思います。
色々な過程を経て、今はどうかあまり分かりませんが。



話を戻し…『メイドインアビス』も絵柄がいい感じで、
ストーリーも徐々に難易度が上がるような雰囲気が楽しいですね。

可愛い絵柄のキャラクターでのグロいシーンが心にグサッときますけど…
リアル調の絵柄だったらまだマシだったかもしれません。

マンガも今出てる全巻お借りしたのですが、職場にあるので時間のあるときにちまちま読んでます。
まぁ…なんか最近時間なくてあまり読めていないのですが…もう自分で買おうかな…



続いて、外出自粛が続く今日、無人島生活が始まりました。(無人島と言いつつ無人島じゃない)

20200329_2.jpg

『あつまれどうぶつの森』…通称『あつ森』…
ちょっと前に流行った「熱盛」みたいで少し嫌。

今作は無人島でのんびり暮らすってコンセプトですが、
速攻でテントから一軒家になるし、住人も増えていきます。

私は自然がメインの場所も大きく残しながら、
住人の住むエリアを作っていこうと思いつつ、ゲームを進めています。

セーブデータのバックアップは出来ないけど、
デバイス間のセーブデータの引っ越しはできるもんだと思ってLiteで始めたら、
引っ越しすら出来ないことを結構進めてから知りました。

ディスプレイ出力でゲームができない…
年内にこのゲームオリジナルのセーブデータ移行システムが発表されるみたいですけど、少し辛い…

20200329_3.jpg

でも少し前に『ポケモン ソード』を購入したため、
同時並行でやったりしてるので、あまり進みは早くないです…

まぁ時間を早めるような行為をしていないので、
1日にやれることが決まってるので問題ないんですけど。

そもそも仕方ないことですが、平日はゲームそのものが全然出来ないわけですよ。
でもゲーム内で毎日販売されるアイテムが変わるので、
平日はそのアイテムの確認と、花への水やりだけはしてます(苦笑

今作から、花に水をやらなくても枯れなくなりましたが、
水をやらないと交配など花を増やすことは出来ませんからね。

ちまちまお金を貯めては、たぬきちに借金を返す。
少しずつ島を開拓していくっていうのんびりゲームとしての良さは今作も健在ですね。

ちょっと前にスマホで『ポケットキャンプ』がリリースされていましたが、
あれはキャラの操作が機械的でどうしても楽しめず、すぐ辞めてしまったんですよ。
スマホならではの課金要素が存在するのも、無視すればいいのですがどうしても気になりましたし…

やはりなんだかんだ言って今作のような家庭用ゲーム機での作品が1番ですよ。



これで最後にしますね。

今月の後半辺りに、Appleが新製品発表イベントを行う予定でしたが、
この状況のため、3月10日に中止になったという情報が流れました。
さらに言うと5月に行われる大きなイベント『WWDC 2020』もオンライン開催に変更になりました。

どちらもAppleの製品だったり、ソフトウェアに関する重大なイベントです。
製品を買う買わない問わず、私には毎年楽しみにしているイベントです。(生放送を見るだけですが)

しかも今は全世界のAppleストアも休業中になってしまいましたね…

そんなことで3月のイベントが中止になり、ショックを受けていたわけですが、
18日夜に突然、Appleが告知なしで新製品をリリースしました。

「MacBook Air」と「iPad Pro」の新機種。
気付いたのは仕事終わってからですが、
「次、新しいiPad Proが出たら買う」と決めていた私は、速攻でiPadをポチりましたよ。
「MacBook Air」も性能、操作面でかなり向上したみたいですが、
まぁいらんのでスルーです。

25日発売で、私は26日に受け取りました。

20200329_4.jpg

ぱっと見、前機種との見た目の違いが裏面左上のカメラだけというね…

前回は11インチを購入しましたが、今回は12.9インチを購入しました。
今回でiPad"シリーズ"の購入は8台目。iPad Proは3台目となります。
親に旧機種をあげたりしてるので、手元には今回の含め4台があります。

iPad Proは12.9インチ→11インチ→12.9インチとサイズに遍歴があります。

一度11インチにしたのには理由があります。デカかったんです。
初めて購入したiPad Proは1世代目。つまり現モデルとデザインが違い、ホームボタンがあったやつです。

iPad史上初の12.9インチというデカイサイズ。そして純正ペン『Apple Pencil』が登場し、
絵を描くためのデバイス感が大きかった記憶があります。あと当時は小さいサイズは販売されてませんでした。

飛びつくように購入し、ペンがアホみたいな形で充電することに笑えました。
製品としてはすごく良かったのですが、問題は大きさ。軽い気持ちで持ち運ぶ物じゃないと思いました。

私はiPad miniを持っているのですが、そちらが外への持ち運びと、
軽い気持ちで少し大きな画面で動画を見たいときには最強のモデルだと思っています。
そのため、次第にminiの使用に重きをおくようになりました。

そんな感じで使っていたら、2018年にホームボタンを撤廃した新モデルが登場。
12.9インチへの抵抗もあり、11インチを購入しました。

うん、使いやすい。サイズ感もなかなか。満遍なく使えて良いモデルだと思いました。
持ち運びもこれくらいならちょっとカバンでかくなるもののいいかなと。

しかし、これはこれで問題が…
画面が小さくなったことで、絵(といっても落書き)が描きづらい。まぁ当然ですよね。
そして持ち運べると言っても、やはり外への持ち運びにはminiの圧倒的感を否めない感じでした。
miniが強すぎるんですよ。マジで便利ですから。

そして今回、12.9インチにしたのかと言うと…

・ホームボタンを撤廃したモデルのため、以前よりは小型化、軽量化されている。
・外への持ち運びには前提にしない。だってminiが最強だから。

この2点です。
というわけで、12.9インチ、スペースグレイ、256GB、Wi-Fi + Cellularモデルを購入しました。
容量は最小モデルの128GBでは不安なところがありますが、これくらいあれば十分です。
別にゲームはしませんし、重いことをするわけでもないので、1TBモデルは不要です。

毎日使用しているiPhone(256GB)だって、音楽入れても100GBくらいしか使っていませからね。

セルラーモデルにしたのは、データ回線専用のSIMを2枚持ってるので、その片方を入れようかなと。
基本外には持ち運ばないので意味ないかもしれませんが、あれば便利ですから。

このiPadで何をするかというと、とくにすることがある感じではないです。
強いて言えばネットサーフィン、お絵描き…あとはあまり買いませんが、電子書籍ですかね。
iPad Proって、iPadの中でもクリエイティブ要素の強い最上位機種なんですけど、
重い作業とは結局PCでやったほうが色々と楽だったするんですよ。

なので私はiPadは基本、情報を得るためのデバイスとして使ってます。



でもそんなこと言ってもiPadは便利ですよ。
いや、別になくても困りませんが、あると便利ですよ。
ある生活を1度味わうと、無いと物足りなさを感じると思います。

一度に見える情報量の多いiPhoneって感覚で操作できますから、楽です。
今までネットサーフィンをするのに使っていたPCは不要になります。

細かいことなどは…まぁ…PCでしか出来ないことが多いですが、かなり娯楽要素では使えます。

因みにおっぱいは、いっぱいはなくてもいいですが、少しはあったほうがいいです。



こんなもんか…

これで一ヶ月分ってのには少ないかもしれませんが、
これで終わりにしますかね。
私の生活に多く語れるような色々な出来事はありませんしね。

多分、来週からまた通常営業です。





スポンサーサイト



コメント

非公開コメント