FC2ブログ

あの頃の思い出が君を探しているよ

仕事初めからの一週間が経過しました。早いものですな。
連休明けから、少しずつスロースタート的に徐々に徐々に仕事モードに切り替えてゆくのが理想ですが、
現実はそうも言ってられず、パッと仕事モードに切り替えないといけないのが大変ですよね。

さて、明日月曜は『成人の日』で祝日です。
もう行われている所も多いみたいですが、
この3連休で各所にて成人式が行われているということですね。

今検索で調べたら、
既に新成人が車やバイクで暴走して逮捕・送検されたってニュースが検索トップに出てきましたよ(笑



成人式といえば式の実行委員を務めたのが大変だったなーと。
その年に実行委員の立候補者がいないと、中学時代に生徒会の会長を務めたり、
中3の時にクラスの学級委員を務めた人に、市からお願いの連絡がいくみたいなのですが、
物好きな友人から誘われて、一緒にやることになりました。

ちなみに…私は1年の最初にクラスの学級委員になりましたが、
それ以降はまとめる役は私には荷が重すぎると感じ、
学級委員の補佐的な扱いの書記にばかりなっていました(苦笑



話を戻し…
成人式って小学、中学時代の担任の先生とかが出席されるじゃないですか。
あれって、実行委員が個別にアポとって出席をお願いしたりしています。

当時の先生が、出身の学校に在籍している場合は楽なのですが、
他校に転任されたり、はたまた退職されたりしていると連絡取るのもめんどくさくなります。

他の市ではどうなのか分かりませんが、
私の地元では前年の4月あたりに実行委員が決まり、月1で市役所に集まってました。
集まっても別に忙しいって感じのものではなく、進行状況の確認だったり、当日の段取り決めとか…
市の経費で夕食も提供されてましたし、のんびりやってましたね。

市内の各中学校から2人ずつ実行委員が選ばれていたので、
8人と市役所の方2人、計10人が集まってました。

私の出身の小学校は卒業後、進む中学が区域の関係で2つに分裂するのですが、
私の行かなかった中学代表の実行委員が2人も同じ小学校出身の方でした。
(しかも小中時代に通っていた学習塾も2人とも一緒)

普段の集まりは別に良かったのですが、
式当日は実行委員は壇上に上がって、なんか成人した証明的な紙を受け取ったり、
全員並んで名乗るみたいなやつがあったのが苦痛でしたね…人前で注目を浴びるのは苦手です…

ならなんでやったしって感じですが、そんな壇上に上がるなんて知らなかったんですよ。
式の裏方的なことを担当することだけとばかり…

まぁいい思い出です。
ボランティア的な形で実行委員は行っていたため、
現金のやり取りはルール上ダメだったみたいで、
最後に粗品として図書カードを数万円分とか色々もらいましたね。



あれから数年…

今の私には関係ありませんが、果たして自覚という意味で
私自身がちゃんと成人しているのかどうかは、現時点でさえ微妙なところかもしれません…

「大人っぽい」
「大人らしく」

ってなんなのでしょう。
人それぞれ、色々と考え方がありそうなテーマでしょうけど、
私は深く考えても答えが分かりそうにありません。

多分、この先も分からずに生きていきそうな気がします(汗



年末に『げんしけん』が大好きという話をしたら、
『惰性67パーセント』という作品をオススメされたので、読んでみました。

男女の大学生4人を中心にした、ダラダラとした感じの日常ものって作品です。
作家さんである紙魚丸先生は成人向けの本では知っていましたが、
こういう本も出されていたのですね。

げんしけんとは内容は結構違いましたが、
お酒と一般向けなのでアウトまでは行かない際どいエロ推しですが、
オタク的な内容を絡めた感じで、なかなか私好みな作品で面白かったです。







面白かったのですが、
登場人物メイン4人の中の『西田』というキャラクターの性格というか人間性というか…
思考、行動パターンが、どことなーく私に似ているような気がチラチラとしています。

20200113.jpg

私の中の自制心を50%くらいぶっ壊したようなキャラクター…
だからこの作品をオススメされたってわけではないでしょうけどね。

でも、このキャラクターが話の中心の回とか読んでると、
良い意味でも悪い意味でもないのですか、
なんとなくモヤモヤしてきますね(苦笑

2014年からウルトラジャンプで連載されているものの、
まだ5巻までしか出ておらず、今月17日に6巻が発売されるみたいです。
興味がある方はまだ全然追うことができますよ。





スポンサーサイト



コメント

非公開コメント