FC2ブログ

実態の無い過剰な正義

この記事はいつのものアホみたいな記事と比べると、
少しだけ人を選ぶような内容かもしれません。
気に障ったらその場で即読むのをやめてください。

【続きを読む】

から読めます。
ただただ私が自己満足のために書きたいだけの、私しか得しない内容です。





よくある話ですが、メディアに露出しているような有名人が、
犯罪とかそれに近しいことを行うと、その人が過去に関わっていた様々な出力媒体…
音楽作品だったり、映像作品だったり、色々なものが忽然として姿を消しますよね。

そういう事象って、大半は外部からの圧力で強制的に姿を消すっていうよりは、
その媒体に対して権限を持っている内部からの自粛という形で姿を消すことが多いと思います。



今更こんなよくあることを取り上げてとか思われるかもしれませんが、
すみませんね。なんとなく書きたいだけなので。



こいうのって、誰が得するんでしょうね。
似たようなメディアが自粛しているから、こちらも自粛…そして広がる自粛の連鎖。
私はバカなのでよく分かりませんが、どこにも少なからずはいるクレーマー対策ですかね。

「犯罪者が出ているような映像を流すな!」
「子供に悪影響が出るから曲を流すな!」

とかまぁ、どんなことでも言おうと思えば難癖をつけることはできますからね。
クレーマーってのはそういうのを目ざとく見つけるのが得意でしょうしね。気持ちが悪いほどに。



すでに形になっている過去の作品媒体に関する自粛って、ホント無意味な気がしてなりません。
今では差別だったり、特定の人たちを貶すような演出や表現もあることにはありますけどね。
でもそれも過去の歴史としての遺物だったり、
その作品の生まれた時代背景を表しているものだと、私は思います。私はね。

マイナー側になったことがない or 意識したことがないから
このような考え方に至っているだけかもしれませんけど。



まぁ、でもそのような作品の自粛と犯罪などによる出演作品の公開の自粛はどうなんでしょう。
さすがに該当する人物が捕まった後に新しく放送されるようなテレビ番組とかを自粛するのは仕方ないですけど(苦笑

まぁ、誰からも何も言われたくない。
面倒事に巻き込まれたくないが故の仕方のない自粛なんですけど、虚しいですよね。
火の無い所に煙は立たぬ。触らぬ神に祟りなし。みたいな感じですかね。

別に作り出された作品に犯罪の匂いがするわけでもなく、
犯罪を犯したくなるわけでもなく…もしかして私が鈍感なだけで、敏感な方は何かを感じるのでしょうか。
そんな方がいたら、犯罪を犯した方が演奏した曲とそうでない方が演奏した曲を
前情報無しで是非とも聴き分けてほしいものです(笑

クレーマーって本当にめんどくさいですよね。
誰しも日常生活で揚げ足なんていくらでも取れる機会はあるでしょうし、
それを取るか取らないかって話なんでしょうけど、取る方ってめんどい性格ですよね。
私は運良くそういった方には滅多に会いませんけどね。

過去に1度「意味もないようなブログなんてやめろ」という、
いかにもクレーマーっぽい非公開コメントがブログに来たことがありますが、
無視ですよ。モンハンネタで言うと、私はスルーピアスをデフォルトで装備していますからね。
まぁ意味のないブログというのは的を得ているので否定はできませんけどね(苦笑

「嫌なら見なければいい」
「言いたい人には言わせておけばいい」

と私は心底思っていますし、私は普段からそういうスタンスで生きています。
勿論、実害が生じない場合に限ってですけどね。

Twitterとかで嫌なユーザーだったり、不快に思うツイートが流れてきたら速攻でミュート&ブロックですよ。
相手にわざわざ「あなたのツイートを見て不快になりました。」とか言って関わる以前に、見るのも嫌ですから。
不快と思うワードはミュート登録して、二度と表示させないです。

嫌なことを取り上げているブログとかサイトがあったら、
不快と認識した時点で二度とアクセスしなければいいだけです。

自分から不快がある所に必要もないのに足を踏み入れるのは愚の骨頂だと、私は思います。

クレーマーの方々にとっては自分が不快と思う存在が、
仮に自分に見えなかったとしても、存在していること自体が嫌なんでしょうかね。

それとも自分が嫌と感じている存在を潰すことに快感でも覚えているのでしょうか。
同じ理由で、"法によって裁けるのであれば"、ネットによる過激な『私刑』も好きな部類でないですね…(汗
ただ熱の上がったその場の勢いによる過激な行動は人の理性のタガを外してしまいますからね。

『団結』というのは良いものの場合もありますが、
例えそれが何かしらの正義だとしても、誹謗中傷による団結は好きではありません。
その場に行きたいとも思いませんし、見たいとも思いません。
それが匿名性の高いネットでの団結となると怖いものです。相手には回したくないですね。
そんな大きな脅威を敵に回した側も側ですけど、匿名性が持つ、
制御の緩くなる大多数という名の頭のいない正義は怖いです。

Twitterでも違法行為をRTして、拡散を希望しているユーザーとかいますけど、拡散の必要性とは…
出元が分かっているなら、警察に通報したら終わりなのに。とか思ってしまうんですけどね。



メディアも、そんな可能性が0ではない見えない驚異が恐怖なんでしょうね。
その恐怖はわかりますけど、でも…本当に勿体無い世の中です…
こうやって消えていったモノってどれくらいあるのでしょう。知らんけど。



あ、でも相手が嫌がることそのものに快感を覚えるクレーマー。
あれがどのクレーマーよりも先に消滅してほしいですね。
憂さ晴らしにコールセンターにクレームするクソみたいなのも同義です。



この世の中、自分から見なければ良いことなんていくらでもあることでしょう。
グロが嫌いならグロサイト。エロが嫌いならエロサイトなんて見なけりゃいいんです。

このブログも先程書いたように、人によっては不快に思うのであれば見なければよい存在なんです。
そんな不用意に間違えてアクセスしてしまうほどリンクは貼っていませんからね。
仮に見たとしてもすぐ見るのをやめれば、いつか存在も忘れるかもしれません。

昔コメントをくれた方も、もうこのブログのことを忘れてるかもしれません。
それかまだ見てくださっているかもしれません←

それが出来きず、自己の欲求のためだけに完全なる消滅を求めるのは自己中心的な考えかなと私は思います。
私はスルーしますけどね。表現は行き過ぎなければ自由()みたいな感じだと思います。

この記事が不快に思いつつも、ここまで読んでいる方がいたとしたら、
あえて非常に悪い言い方で言いますが、それはアナタの自己制御に疾患があるか、ただの物好きだということです。
私は最初に「気に障ったらその場で即読むのをやめてください」と提示していますから。

金曜の夜、駅のホームの隅の方に酔っぱらいの出したブツがあり、
遠目からソレが視界に微妙に入ったとします。
それを見に行きますか?見に行くのは自己責任です。このブログも同じです。○ロです。

イラつくの自分から見ているのだから自己責任。



「自分がッ 苛ついても 読むのをやめないッ!」



『怖いもの見たさ』ではなく『嫌なもの見たさ』ですかね(笑

でも私はそんなアナタが好きですよ///
私のブログは時々拍手をくださる方々をはじめとする、
物好きさんたちと私の気まぐれで成り立っております。



自己制御の効かない自分勝手な人間が存在する影響で、
不必要にメディアが自ら作品を非公開にしていくこのご時世は本当に悲しいです…





ということで、『電気グルーヴ』がそこそこ好きな私からの、
どっかのニュースサイトだったりツイートでは先述の理由で言う気も起きないボヤキでした。
犯罪は裁きを受けるべきですけど、音楽とか出演した映像作品とかはな〜と思っていたわけです。

こんなことクソみたいなことを書いて反省はしているが後悔はしていない。





この記事も見方をひっくり返せば、
私がクレーマー扱いしていた人たちにしてみればクレーマーです。
あっちにしてみれば、自分たちが正義です。
内容だって、たぶん色んなところに揚げ足が取れる所があることでしょう。
私はそんなことに反論できる術もないですし、する気もないです。

プロでもないのにそんなことを一々気にしてたら、
クソめんどくさすぎて私はブログなんて書かないでしょうね。
ずっとゲームしてそうです(笑

気にするとしたら神仏と政治のことは書かないようにしているかもしれませんね。
そういうのって広める目的のない人にとっては他の人に言う必要はなく、
自分の中にあればいいだけのことだと思っているので。



本来であれば、こういったモヤモヤは人前に出すようなことではありませんよね…
と、私は思っているわけですが、今は匿名で好き勝手言える時代ですからね。楽な世界です。

こうやってブログで書いている私も、ほぼほぼ匿名みたいなものですし、
ネット上では数多くいるうちの一人で、不安定な形でしか存在しません。
実際に面と向かっても相手の本質なんて解らないわけですし、
結局はその本質を見抜けるなんて誰もいないわけで、使い方さえ間違えなければ楽な世界です。

でも、ポニーテールとおっぱいの小さい女の子が好きなのはガチです←
あとセーラ服も。でも別にロリコンではないです。



物事に対する考え方なんて千差万別。
好きなことも、好きなフェチも同じように千差万別。
似てるようで、絶対微妙にどこかで違ってたりするわけです。
同意を求めたいなんて微塵も思いませんけど、
いたらその人とは気が合いそうですね。

どうでもいいですけど(笑



まぁ、当面はこんな記事を書くことはないでしょう。
最後まで付き合ってくださった物好きな方々ありがとうございます。
明日から真面目に生きます。





スポンサーサイト



コメント

非公開コメント