FC2ブログ

Egnarts Si Efil

早いものでもう1月が終わり、2月に突入してしまいましたね。

もうすぐ暦の上では春ですけど、まだまだ寒い気候が続きます。
寒いのは嫌です。手がかじかみますし、色々と動作が鈍ります。早く温かくなってほしいものです…

いやぁ…それにしても1月が気づいたら終わってて、
早すぎてホント笑えないです。

全然絵が描けてなくて、
いざ描こうとしてもなかなか思うようにいかずモヤモヤ…

気晴らしに久々にスプラトゥーンをやったら、
久々すぎて瞬間判断力は鈍ってますし、
ガバエイムになってあんまり楽しくなくてすぐやめてしまいました…

何事においても、こまめに手を入れるってのは大切ですよね。
パソコンだってこまめに更新だったり電源を入れないと問題が生じますし。

まぁ、この話にオチは無いです。
ただなんとなく今思ったことを書き起こしているだけなので(汗



そんな終わってしまった1月の頭頃の話です。

このブログでも時々話題に取り上げる、
私の好きな『ひぐらしのなく頃に』の新規アニメーションプロジェクトが立ち上がっていました。

そしてつい先日27日に発表された一部の情報では、メインキャラの中でも特にメイン扱いの2人の声優さんは、
過去のアニメーションやコンシューマーゲームでも担当された方が続投されるみたいです。

情報がまだ全然出ていないですけど、
この感じだと大体の声優さんは続投なのではないかーなと。

私は新しくアニメが発表されてもキャラクターは誰々に演じてほしいとか、
そういったこだわりは無く、キャラに合っていれば誰でもいいタイプなのですが、
既に過去の作品で演じている人がいるなら話は別です。

聞き慣れた声でないってのは、少なからず違和感があります。
長寿アニメとかだと担当されている方の高齢化などで中の人が変わるキャラクターっていますよね。

他のキャラクターは変わっていないのに、一人だけ違う声の人がいるっていうのが、
仕方ないですけど、最初は違和感満載ですよね。まぁ…ある程度したら慣れていくのですが…

一人だけ変わるっていうよりは『ドラえもん』の全声優一新のほうがいいかな。
これまた私の大好きな『げんしけん』も2013年に二代目が放送されたときは声優さんが一新されました。
あれも最初は違和感あったものの、割とキャラに合っててすぐ馴染みましたけどね。
(『げんしけん』はいいぞ。笹荻、マジいいぞ)

それでもまぁ、部活メンバー(メインキャラクター)5人の内、2人が続投なら、
5人とも同じ人がいいなーという私の希望。できたら他のキャラクターも…


しかし、どんな内容のアニメになるんでしょうかね…
テレビでは原作のいわゆるメインストーリーである無印・解を放送し、
いくつか出ているOVAでも番外編やオリジナルを出しています。

あ、ちなみに言っておくと、
『ひぐらしのなく頃に』って作品はPCの同人ゲームが原作で、
それが元でアニメーションや、コミカライズ。コンシューマーゲームが発売され、
さらには公認二次創作的な展開で様々な話が作られている作品になります。

話がいくらでも増えていくのは、
この作品の世界観だからこそできるって感じなんでしょうけど。

でもそれが故に、まだまだ映像化されていない話はたくさんあるんですよね。
原作にはないけど、コンシューマーゲームではルート分岐的な感じで沢山の話がありますし、
原作にも映像化されていない話はあるものの、
これは流通形態が限定的だったOVAの続編的扱いの話だから、その話を知らないと楽しめない。

話としては面白いですけど、原作ではないコンシューマーゲームオリジナルストーリーだったり、
数ある(あまり面白くない)コミカライズオリジナルをアニメーション化しますかね…

そう考えると、やっぱ完全オリジナルストーリーなのかな。
アニメーション制作も今までのStudio DEENではなく、パッショーネという会社に変わっているのも気になる…
今、制作会社の公式サイト見たら更新数が超少ない上にここ3年、全然更新されてない…

何にせよ、どんな内容になるか楽しみです。



そう思っていたら、
3月末に行なわれる『AnimeJapan2020』にてステージイベントがやるそうです。
声優さんを呼んだ単なるトークイベントかもしれませんが、何かしら情報は出るでしょうね。

毎年じゃないですが、時々行くAnimeJapan。
今回はこのステージ見るために、ステージ応募権付入場券買って行こうかなと悩み中。

『鬼滅の刃』もステージイベントやるそうで
多分映画の情報を発表するんじゃないかなーと気になっているのですが、
そっちは2日目のスケジュール。ひぐらしは1日目…
2日連続で行くのはしんどいよなぁ…ステージ以外は展示内容同じですし。

うーん…悩みます…



ひぐらしの原作とかコンシューマーゲームは面白いぞと語ろうと思ったのですが、
ここに至るまでにそこそこの文章量になったのと、
眠気による頭痛で少し吐気がするのでやめときます。

やるなら選択肢とか無い原作のほうが話分かりやすいし良いですよ。
全作プレイするなら、WindowsPC環境が必須ですけどね…

そんな時のUMPC!





スポンサーサイト



眠る前のワタシと目覚めた後のワタシは、本当に同一のワタシなのでしょうか?

もう最近、新型コロナウイルスのことばかりで、ほげーって感じです。
治療方法が見つかり始めていますが、感染しないための予防は必須の毎日です…
インフルエンザの時期でもありますからね。

前から分かってはいたことですが、マスク付けてると、
iPhoneのロック解除するための顔認証ができないんですよね。
すごくイライラします。

今ではなくなってしまった指紋認証に対応してたらこんなことにはならないんですけど…

でもよく考えたら、iPhone 5sが出る2013年までは普通に番号入力して、
ロック解除してたんだよなぁと。

便利な世の中になったものです。
次の新型iPhoneには顔認証と指紋認証、どちらにも対応してもらいたいものです。
どちらかと言うと、搭載するなら指紋認証のほうがいいです。



ちょっと前にクラウドファンディングで出資していた、
「HyperJuice 100W GaN Charger」が届きました。

20200209_1.jpg

充電器なのですが、ただの充電器ではなく、
USB Power Delievry(USB PD)の仕様規格の最大出力である、
100Wを出力のできる、超小型の充電器です。

そもそも100W出力できる充電器がほぼ販売されていないのが現状。
大半のUSB充電器は、30Wとか60Wばかりです。
100W対応している数少ない製品も、この製品のサイズより2倍大きく、
かつAC電源ケーブルが必要なくらいのサイズ感になります。
96W対応している、MacBook用のアダプタもこれよりデカイです。

そう考えると、このサイズは驚きのサイズです。
そこまでの出力を必要としてなかったり、
興味のない人にとっては、クソどうでもいい話なんですけどね…

私の場合は100Wを要求し、
それ以下だと充電を全く受け付けない製品を所持しております。
まぁ、それ専用の充電器が存在するのですが、
これがデカイ…重い…ケーブルが邪魔…持ち運びには最悪の代物です。

しかし、私はその製品を持ち運ぶために購入したので、
充電器の持ち運びも必須になります。



まだ長く書けそうですが、
充電器という、普段みなさん使っている製品ですが、
内容がニッチすぎるので省略します。



とにかく超小型の充電器をゲットし、テンション爆上がりで充電してみた所、
充電はできたのですが、充電器ではなく製品側から許容できない音量の謎のコイル鳴きが…

色々試してみましたが、コイル鳴きを止めるのは無理っぽく、
何かぶっ壊れそうで怖くて使用を断念しました。
諦めて外に持ち運ぶ際は、専用のデカイ充電器使います…

待ちわびてたこのワクワク感と
「これで勝てる!」とか思ってたあの頃の自分を返してほしいです。
Twitterではコイル鳴きのこと呟いてるユーザーいないんですけどね…
なんでだろう…

こいつは高出力かつポートが多いので、他の製品を同時に充電するために使いますわ。

20200209_2.jpg

ここんとこ寒いんではよ暖かくなってほしいです。





物語のサク者はサク為的な嘘でサク落なる幻想を紡ぐ

最近、ゲームをやれていない…
というか、やる気が起きてないのですが、
なんだか無性にPlayStation 2のゲームがやりたくなり、
オークションで新品同様とか美品くらいの商品を落札しようかここのところずっと悩んでいるところです。

実家にPS2はあるのですが、
ディスクの出し入れ部分とディスクの読み込み精度の劣化により、
すでに使い物にならない状態になってます。
コントローラーも4つくらいありましたが、ケーブルが断線したりして死んでますね。

PS1はなんだかんだでPS3やVita(アーカイブスとして)でプレイできるため、
比較的最近でも遊べているのですが、PS2はもうめっきり遊んでいません。

『ラクガキ王国』、『サルゲッチュ2』、『真三國無双2 & 猛将伝』辺りをプレイしたいのですが、
やり込むかどうかが定かでなく、ちょっと遊んだら満足しそうな気がするんですよ。

そう考えると買うのは勿体ないですし、据え置き機なので場所の専有も気になるという…
ああ…悩ましい…



実写映画の『ヲタクに恋は難しい』を観に行ってきました。

原作の話と絵柄が好きで、アニメもいい感じでBD買ったりしてるくらいには好きな作品です。

この実写映画は公開されているPVを見る限り、明らかに地雷臭しかしなかったのですが、
ダメそうと思いつつも興味本位で観てきました。

しかし誇張表現というか、ちょっと痛いオタクを見てるようでむず痒くなる感じはあったものの、
原作と別物と考えるとそこそこでした。
普通に笑えるシーンもありましたし、原作レ●プ的な感じではなかったですね。

ホント、マンガやアニメの実写化ってハズレの時が多いですからね…
まぁ、この作品はSF的な作品ではなかったから何とかなったのかもしれません。

それなりに面白かったのですし、席も中央少し後ろ寄りのいい席だったものの、
周りがカップルっぽい感じの人ばかりで、映画の内容的にも観終えた後に何か虚しくなりました。
私の両サイドもなんかいい感じになってました。

20200216.jpg

これでは『ヲタクに恋は難しい』じゃないじゃないか。

なんか逆に私が浮いてるような感じでしたよ。
てか、私の右側のカップルは最初からずっとくっついてましたけど、
その姿勢で映画見辛くなかったのだろうか…映画の内容より幸せならいいって感じなんですかね。

まぁいいや。



来週は『デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆』
再来週は、劇場版『SHIROBAKO』

できれば上映開始早々に行きたいですなぁ…



最近、改めて私は色々なことを知らないなと思うことが多々あります。
別に生きてゆく上で必要なことではないことも多いですが、
エンターテインメントに関する知識というか教養というか…

映画作品…って言ってもアニメとかじゃなくて実写の邦画や洋画だったり、
今をときめくアイドルとか声優とか…スキャンダルとか。
とにかく色々なことを知らないことを改めて思い知らされています。

私は興味のないことには全く関心を持たないところがあります。
まぁ…赤の他人のスキャンダルを知っても基本的にどうでもいいので今後も関心を持とうとは思いませんが…

興味がないので否定も肯定もしない。
どっちつかずというより、知らないからその話題に触れられない…
この歳でこんなこと言うのも情けない感じですが、
もう少し色々なことに関心を持たなくてはなぁという感じです。

手を伸ばさないから知らないだけで、手を伸ばして知れば面白いことが沢山ありますからね。





鷹野の許された日

日を追うごとにコロナウィルスの感染が拡大していっており、
なんかもーどーしよーもねーわって感じで、ニュースに見飽きてきているのが私です。
いや、まぁなんだかんでおおよそのニュースは見てますし、予防はしてますけど。
てか嫌でもニュースがトピックスのトップに出てきて目に入りますよ。

そんなご時世、感染が拡大することで、
様々なイベントが中止や延期に追いやられていますよね。

3月に行われる『Anime Japan 2020』も、もしかしたら中止になるかもしれませんし、
5月のコミケも状況次第では…という噂もあります。
イベントがどんどんそんな状況になっていくのは勘弁してほしいですけど、
「世界的ですもんね」仕方ないと言わざるを得ないか…

さて…こんな状況でオリンピックは行われるのか否か…



話は大きく変わり(ウィルスネタで長く書きたくもないです)、
今日というか昨日新しく購入したマウスが、
どうやら私の使用しているMacのOSには非対応(OSが古い)らしく、
専用のアプリケーションが使えず「おい、マジか…」となっております。

別に普通にマウスとしては使えるのですが、
細かい設定ができないというね…
今はマウスの使用感を試すためにWindowsからブログを更新しています。

そもそも言うと、私はMacでは基本的にApple純正のMagic Mouse 2を使用しています。
しかし、Boot CampでWindows OSに切り替えた際、Windowsではマジックマウスの操作性が落ちるため、
もっと快適に動くマウスを使用しています。
つまり、同じPCだけど使うOSによってマウスも切り替えているということです。

そして今回買い換えたマウスは、Windows用。
なので最悪Mac上で動かなくても、まぁ問題は無いわけです。
デスクトップPCなのでどこかに持ち出すわけでもないですから。

ただ、そろそろMacのOSのアップデートをする頃合いなのかなぁ…どうしようかなぁと。

私のメインのMacのOSはEl Capitan(10.11系)です。
システム的な最終更新は2016年の夏に終了しています。
ちなみにサブのMacは最新のCatalina(10.15系)です。こいつは遊び用なので、逐一更新してます。
さらに追記すると、メインのMacに入っているWindows側のOSは世間の様子を見つつ少し遅れ気味に最新にしてます。

セキュリティ面以外は、だいたい3年と半年くらい更新してないわけです。
別に今の状態でも大きな問題はないのですが、
今回のように外部のハードウェア用のソフトが対応していないという問題が稀にあります。
そもそもUSB-C端子が無いので、母艦としてはレガシーな立ち位置になってしまうかもしれませんね。
それのせいで液タブとかもめんどくさい接続方法になっていますし。

あとは…Adobe系の最新ソフトウェアがインストールできません。
これも別に仕事で使うわけでもなく、趣味レベルの自己完結型の使い方しかしないので問題もありません。

そう。現状でも大きな問題が無いのです。
また、OSをアップデートをすることにより、
使えなくなるアプリケーションがいくつかあることを存在することを把握しています。
それらをまた使えるようにするには、少なくともユキチが5,6人ほど吹っ飛ぶ感じです。
今の状態なら吹っ飛ぶ必要もないという現実…

そして今は分かりませんが、アップデートをすることで
何かしらのシステム的問題が生じる可能性も無いとは言い切れません…

確かに最新OSにすることは気分の良いことです。
ですからサブのMacは最新OSにしてますし、iPhoneとかも最新のOSにしてます。
ただ、それはデバイスとしてぞんざいに扱って、データが消えても支障がなかったり、
母艦から復旧させれば良いという保険があるからです。

それに対してメイン機…つまり母艦のアップデートというのは、少なからずギャンブルです。
様々な重要なデータの塊です。念の為のバックアップは逐一取っていますが、
仮に問題が生じた場合、復旧はそう簡単にいくかどうか定かではありません。

それだけ母艦のアップデートは怖いものなのです。(私にとってはね)
あとまぁ…私の場合、Boot Campを公式サイトに載っているような安全な正攻法ではなく、
イレギュラーな方法で行っているため、Mac側をアップデートすることにより何か起きそうな気がしています…

あぁ…ホントどうしましょう…
問題生じて、今の設定が全部わやになるのも怖いからこのまま使い続けようかな…

うん。やっぱ次の母艦を買うまでアプデはしないでおきますわ。
流石に2年は厳しそうなんで、今年辺りにデザインを大幅新調したiMacが出てくれませんかね。

別に今のiMacのデザインでもいいのですが、結構現行のデザインの状態長いですよね。
そりゃ中身はどんどん高性能になっていますけど、そろそろこの額縁のようなベゼルの太さは時代遅れな感じがあります。
デザインは今の感じでもいいですけど、せめてベゼルは「Pro Display XDR」みたいな感じにしてほしいですね。

あ、あとモニターの高さ調節ができるとありがたいかも。

そんなわけでAppleさん、お願いします。
流石にスペック最上位の特盛モデルは買えないでしょうけど、ミドルくらいのカスタムモデルを買うかと思います。



まさかMacのOSの話でこんなダラダラと書くつもりはなかったのですが、
長くなってしまいました。なんにも考えずに書いているからですね(汗

いくつか前の記事で『ひぐらしのなく頃に』の新規アニメーションプロジェクトが
立ち上がっているという話題をネタにしていましたが、久しぶりに原作をやり返したくなりましてね。
かと言って、今更デスクトップPCで椅子に座してプレイするのも、ノートPCでやるって感じのゲームでもないので、
私の中でのロマンデバイスであるUMPC(携帯型PC)でプレイしてました。

ゲームと言っても、サウンドノベルですからね。
選択肢のあるギャルゲーよりも簡単なゲームです。ただ読むだけですから。

ただ、携帯型PCで外でも立ちながら使えますが、少しゴツい。
仕事の行き帰りに、カバンからサッと出してプレイするには、少しだけ勇気が必要です。
車両内が混んでいたらちょっと無理ですね。

そんな問題を解決するかのように、
『ひぐらしのなく頃に』は元はPC用ゲームですが、iPhoneやAndroid用アプリとして移植がされています。
これで出先でも気軽にスマホでプレイできます。

が、しかし完全に移植されているわけではなく、使われている曲が著作権的理由なのかは分かりませんが違っていたり、
同人ゲームだから許された表現とかも規制上の問題なのか所々違っています。

そして値段が結構します。各ストーリごとに購入する必要があり、全話買うとだいたい5000円。
すでに持っているゲームにまたお金をつぎ込むのは抵抗があります。
しかも完全な移植ではない劣化内容ですしね。

さらに…iPhone版というかiOS版は最新のホームボタンの無いタイプのiPhoneには対応していません。
アプリは起動しますが、画面の比率がバグってイラストなど画像が見切れます。
2年前からアプリの更新も止まっていますし、たぶん修正されることはないでしょう…

そんな私のモヤモヤを解決する方法が見つかりました!
Androidアプリの『ONScripter』
これはNScripter用に作られたスクリプトを起動させることのできるアプリケーションです。
ひぐらしはこのスクリプトで作られています。
つまり…

「PC用のひぐらしを丸々Android上で起動、再現できる」

というわけです。

20200224_1.jpg

ヤッタゼ!

左はUMPCである「GPD MicroPC」
右下は『ONScripter』でひぐらしを起動させているAndroidスマホ
右上はおまけでアプリ版ひぐらしを起動させているiPhone(ホームボタンのある旧式なので表示がバグってない)

だいぶ前…少なくとも5年以上前にiPhone上でも同じようなことのできるアプリだったり、
脱獄(端的に言えば改造)することでNScripter用のスクリプトは動かせたのですが、
動作が超不安定で使い物にならなくて、放棄した記憶があります。

しかし今回のはちゃんと動作します。
音も問題なし。

20200224_2.jpg

タマリマセンワ!

おかげで色々捗りますよ。
これがiPhoneでも出来たら、もっと最高なのに…厳しいiOSの仕様上無理です…



この作品はストーリーも良いのですが、使用されている音楽もいいんですよ。
それすべてを楽しむにはやはり原作ですね。
原作厨って訳でもないですけど、アニメだと重要なことが端折られていたりするんで、
やはり私はゲーム版のほうがいいなぁ。まぁアニメも好きですけど。

20200224_3.jpg

原作の絵に抵抗がある方はコンシューマー用の作品がおすすめです。
最新のはSwitchとPS4で販売されてます。

以前の記事にも書きましたが、コンシューマー用の作品は、原作のような単調なノベルゲーにならないよう、
ゲーム性を追加するために選択肢がいくつもあるので、話を追うだけの目的だとプレイしづらいんですけどね…
下手すると同じ話を何度もプレイする羽目になります(汗



はぁ~
ひぐらしの新規アニメーション、楽しみすぎですわ~

その内容に関するステージイベントが行われる『Anime Japan 2020』…
マジで中止にならないでほしいものです…(ステージ応募権付きチケット買っちまったよ…)