FC2ブログ

小さいブームの到来…かも

『おっぱい』のことじゃないです。

ちなみに私の中でそれに関しては、ずっと小さいブームです。



Microsoftが『Surface』の新製品を発表したのと同時に、
その名を冠した、折りたたみ式スマホ?タブレット?を発表しましたね。

『Surface Duo』

Microsoftは最近、SurfaceシリーズでラップトップやデスクトップPCで
クリエイティブ向けのハイエンドPCを多く発表しておりますが、
今後はそれだけではなく、より小型で人々のライフスタイルに融け込むモデルにも方向性を広げるそうです。

折りたたみできるタブレットといえば、
1つの画面が曲がるタイプの折り畳みスマホ、タブレットがここ最近、
レビュー用の試作機の相次ぐ故障で販売、開発が延期になったりしたこともあるとかで有名ですよね。

でもこの機種はそうではなく、
2つの画面分割、合体させて1つの画面に模擬的にするタイプです。

だからこそ発表を見たとき、見た目こそスマートになっていますが、
だいぶ前にソニーから発売された『Sony Tablet P』を思い出しました。
(今調べたら、2011年でした。)

画面に仮想コントローラーが表示されてプレステのゲームができるという情報と、
当時としては珍しい折りたたみ式Androidタブレット。しかもソニー製。
などということで、気になりまくりソニーストアに実機を触りに行った記憶があります。

触って思ったのは、まぁ見た目がダサかったのもありますが、
仮想コントローラーなので当然ゲームは遊びにくいし、
つなぎ目のせいでタブレットとしても使いにくい印象でした。

そんなことで折りたたみ系の2画面タブレット端末には、
”現状”いい思い入れがありませんが、どうなんでしょう…
もう当時とは時代が違いますからね。

同じく同時に発表された、『Duo』を大きくした見た目の
『Surface Neo』は『Windows 10X』という2画面PCに最適化されたWindows OSを搭載していますが、
『Duo』はAndroid OSを搭載しているそうです。

なんでWindowsにしてくれなかったのか…

Windows OSなら…



ギャルゲー機として活躍できたかもしれないのに。



というのは半分冗談で半分本気なんですけど、
小さいタイプのWindows機だったら可能性が色々広がるんですけどね。

発売は2020年のホリデーシーズン。大体1年後くらいですか。
まだ決断は時期尚早ですが、その頃に競合機とか存在しなかったら買ってしまうかもしれませんね。

大手企業がこういう端末を発表すると、
周囲の同系統の企業も似たような端末を後追いで作るでしょうからね。

AppleがMacBook Airを発表して数年、
Windows機から似たような見た目の製品がたくさん発表されましたし。

小さいデバイスが今後たくさん発表されてゆくことに期待大です。



その他のSurface機に関しては…
いわゆる現行機の後継機モデルばかりなので興味はないかな…
『Surface Pro X』の見た目はかっちょいいですけど、ちょっと私にはデカイですね。
日本での発売時期は未定らしいですけど。



今からイラストを連投します。
見辛くなるかもですが、ご了承ください。

20191007_1.jpg

20191007_2.jpg

20191007_3.jpg

20191007_4.jpg

20191007_5.jpg

20191007_6.jpg

20191007_7.jpg

20191007_8.jpg

『ゆるゆり』主要キャラ8人です。
今週…いや、もう先週になりますが、
月曜に綾乃ちゃん(上から5番目のポニテの子)を描いてTwitterにアップしました。

その後何もつぶやかず翌日、別のキャラを描いてアップして…を3日ほど続けたら、
主要キャラを全員描いてアップするまで何かつぶやきにくい強迫観念にかられて、
日曜に8人描き終え、今日に至りました。

全員、清書までのレベルには至っていませんが、
Twitter見てるのに全員描ききるまで他のこと呟けないのはちょっとキツかったです。
Surfaceの情報とかが発表されたときとか、めっちゃつぶやきたかったのに…

まぁ別に誰にどう言われたとかではなく、
勝手にやって、勝手にやり終えただけですけどね。



実はおよそ4年前にも同じように続けて8人を描いてました。
(再アップするのも面倒なので、Pixivのリンク貼ります)

20191007_9.jpg
さん☆ハイ!迫る | ヒノイチ | 2015年9月21日


だいぶラフな塗りでしたが、この時も勝手に描いて勝手に満足してました。
描き込み度合いに関しては、今回よりあまり時間かけてなかったような気がするので比較はできませんが、
目のサイズが全然違いますね。

単純にパッと見で可愛いのは昔のほうですかね?
それは見てくださる方の好みによる判断に委ねようと思います。

最近、私がかわいいと思う絵と、
描きたいと思う絵に違いがあるような気がしているため、
あまり気にせず今の感じで描いていこうと思います。





スポンサーサイト



ハニプリフルプリプリンプリンノンノンアラモード

初めて『エスター』というホラー映画を観ました。
2009年に上映された作品ですが結構人気らしく、
ネタバレを見てしまったのが原因で少し前から気になっておりましてね。
Googleアプリ用の有料映画をタダで見れるクーポンがいくらかあるので、
それを消費して観ました。

感想は…まぁ、普通でした。「ほーん…」って感じ。
つまらなくもなく、かと言ってすごい面白いわけでもない。
観るきっかけとなったネタバレを知っていなければ、面白かったのかなと(苦笑

私はホラー映画が好き。というわけではありません。
怖かったり、グロかったりで嫌いというわけでもなく、
見れば面白いと思える作品も時々あります。

なんだろう…
特別興味を惹かれるジャンルではない。数多くあるジャンルの中の1つ。

マンガでもグロいやつとかホラーやショッキング系の作品を読みますし、
月に1、2冊はそっち系のジャンルは買っているのですが、
買っているくせに特別好きなジャンルではないという気持ちがあります。

ありえそうでも、実際にはありえないからこそ、
無感情で消費するジャンルなのかもしれません。

ここまで書いておきながら、まとまらず、なんもとモヤモヤする感じです。
私の中で好きでも嫌いでもない。でも時々見てしまう。謎の存在ですね。



週末は台風19号が凄かったですね。
最近の台風は『最強クラス』と呼ばれるものばかり日本列島を通過している気がするのですが、
これも温暖化とかが問題なのでしょうかね。調べてないのでよく分かりませんけど。

場所によっては大きな被害が出ているようですし、
千葉では台風15号の爪痕が癒える前に今回の台風ですからね。

他にも120両の新幹線が河川の氾濫によって浸水して、
使い物にならなくなるかもしれないということだとか…
新幹線の車両を作るのにどれだけ費用がかかるのかは分かりませんが、
利用者にも大きく影響が出そうですよね。



私自身には特に問題はありませんでした。
最接近は土曜日でしたが、前日までで食料は確保していたり準備自体はしていたので、
テレビで台風情報をずっと流しつつ外出せず引きこもりでした。

でも住んでいる世田谷では多摩川が氾濫したことで、
とんでもないことになっていましたよ。

多摩川が世田谷区の南側…というかちょうど多摩川を区の堺にしているので、
世田谷区の最南端が多摩川になりますね。
そこで氾濫という問題が発生したわけですが、私は区の最北端に住んでいます。
目と鼻の先が杉並区です。

そのため氾濫の影響は無いのですが、それでも区内で起きた問題であるため、
スマホの災害アラームが鳴りまくりでした。30分に1度はデカイ音量で鳴ってました。
止めればいい話ですが、氾濫以外の災害情報も断ち切ることになるので、
ずっと鳴っては止めるを繰り返してました。

氾濫による浸水は問題ないと思っていましたが、
気になるのは停電、あと断水でしたね。

離れているとはいえ、同じ区内。
対岸の火事ってよりは身近に起きている問題です。
浸水している地域で送電システムだったり水道関連に問題が発生したら、
連鎖的に住んでいる地域も停電や断水する可能性がありますから…。

台風15号による千葉の停電の影響もあり、
ビビって前日からスマホやタブレット、モバイルバッテリーはフル充電していましたが、
スマホは触っていたので再度充電しっぱなし状態にしたりしてました。



ほんと自然災害って怖いですよね。
対策しようにも限度ってものがありますから…
何か起きてしまったら、どうやっても日常生活に支障が出てしまいます。

20191014_1.jpg

『ゆるゆり』より、綾乃ちゃん
台風で暇すぎて描きました。

下書きから線の清書では気付かず、色を塗り終えてから、
ようやく顔に違和感を覚えてしまうのはどうしてなのでしょうか…

頭の正面、つまり顔部分の見えてる範囲が広いせいで頭が横にデカく見えます。
もう少し、下書きの段階で完成形が想像できるようにしないといけませんね。
塗り終えてからじゃ修正も容易ではありません…(汗

綾乃ちゃんは何度も描いているのですが、
各頻度が高いわけでもなく(でも版権キャラでは一番多いです)、
また再び描くまでのスパンが長いため、毎回雰囲気が変わってしまいます。

20191014_2.jpg

小さく描いていた目が途中でデカくなり、また小さくなるという…
2015年から2018年までは空白期間が長いので、何かあったんでしょうね。





サイハテノエル

みなさんは

「これだけは誰にも譲れない、負けない自信がある」
(世の中見れば実際には負けてるかもしれないけど、そうと思えるくらいの自信がある)

ってことってありますか?



最近、急に冷えてきましたね。
というか10月後半という時期を考えれば当然くらいの気候なんでしょうけど、
ようやっと寒いなという感じになりました。

寒いのは我慢ができないのと、手がかじかんで動きが鈍るので嫌です…



今週も私の興味がそそられる電子機器がたくさん発表されました。
いつからか9月後半から10月にかけて、
大手企業がデバイス系の新商品を発表するイベントが多くなりましたよね。

Googleの新製品はAppleに近しいもの感じつつも、
一歩前を行っているものもあれば、そうでなさそうなものあるなぁと感じました。

『Chrome OS』を搭載したPCは登場して結構な年月が経ちますが、
未だに出来ないことが多すぎて、メリットが全く分かりません…
流石にほしいとは思えませんね。

新スマホはPixel 4も発表されましたけど、去年出たPixel 3を持っていますし、
すぐに新しいAndroidスマホはいらないかなと思っています。

どちらが真似した、真似されたという意味ではなく、
AppleのiPhoneと似たりよったりな形になりつつありますよね。
カメラ機能が強化されたという面に関しても、
世界的にスマホのカメラ性能の需要があるってことなんでしょうね。

どちらが先に『画面内指紋認証』を搭載するのか気になるところです。
私は来年発売され、機種変するであろうiPhoneに期待してます。



Pixelの話題になったので書いておきます。

先代機であるPixel 3は買って3、4ヶ月くらい経ちますが、
操作感には慣れましたし、私が安いという理由でレグポンとかいうクソ端末を手にしたことで抱いていた、
Android OSに対する不信感は払拭されました。

うん、悪くないです。

問題なのは、バッテリーの持ち具合ですね。
iPhoneと比べるとインストールしているアプリもかなり少なく、
バックグラウンドで動いているアプリも少ないはずなのですが、
触っていないにもかかわらず、バッテリーの消耗量が激しいです。

私がiPhoneしか使ってこなかったため、
他と比較することができないのですが、Androidスマホはこんなもんなんでしょうかね。
日常生活する上でギリギリバッテリーは持ちますが、精神的に非常に良くないです…



話を戻してもう一件、
ペンタブ、液タブで有名なWacomがやっと出してきました。
単体で動くタブレットPC『Wacom MobileStudio Pro(以下、モバスタ)』の二世代目。

今、私の使っている液タブがCintiq Pro 16で、
Wacomの出してる液タブの中でも高解像度モニタ搭載かつ、
視差の少ないの上位機種にあたるデバイスです。

モバスタはその性能にタブレットPCのの機能を搭載した、
外部のPCを必要としないデバイスです。

実は現行の液タブが発売する半年くらい前にモバスタの初代は登場しており、
発売当時は、Wacomの最先端の技術を搭載して注目を浴びておりました。
値段が半端なくて、当時の私には高嶺の花だった上、
しばらくしたら先述の液タブが発売されたのでそちらを買って今に至るわけです。

自宅にいるときはメイン機で絵を描くわけで、モバスタである必要性はなくなりますが、
やはり魅力を感じるのは、その携帯性です。
いやまぁデカイんですけど、それだけで絵を描く環境が整うわけで、
煩わしいケーブルもACアダプターオンリー。

実家に帰省するときはめっちゃ便利そうです。
キーボード、左手デバイスは追加で必要ですが、荷物が軽くなります。

同じようなことができるという意味では、
MicrosoftのSurfaceシリーズ、AppleのiPadも近しいことができるわけですが、
慣れという意味も含め、やっぱり描き心地は雲泥の差です。

バッテリーが膨らんで画面が浮き上がってしまう問題が多々発生しているようですが、
それはユーザー使い方次第ですし、ソフトウェア・アップデートで多少は改善されつつあるようです。

でも、発売当初から仕様が変更されず、
ずっと旧世代のCPUを搭載したモバスタを今更買うのもアホだなと思い、買うのを躊躇しておりました。




そんな感じで気になっていたデバイスの二世代目が登場したわけです。
大幅な変更は無く、全体的にスペックアップしたくらいのアップデート。
認知されているバッテリー問題も少なからず改善が施されている…はずです。

CPUは、現行の第9世代ではなく、第8世代…ですが、
そのあたりは従来の第6世代と比べたら気持ち的には気になりません。

ちょっと買いたい感が高まり、ストアにて値段を確認すると…



418,000円(税込)



腰が砕けました。

しかも1種類だけで、下位モデルも存在しません。
初代モデルは下位モデルが30万くらいで、上位モデルが35万ちょいくらいだったので、
消費税率が上がったことを考慮しなくても結構な値上がりですね…40万超えとか…

最新のiMacを最上位のCPUにした上で、
他にもスペックアップしたカスタムモデルが買えてしまいます。
前のモデルが決して安かったわけではありませんが、
これは高い…しかもバッテリー問題が確実に改善されたという保証はありません。
恐すぎです…

活躍するであろうタイミングは帰省、というか自宅にいないけど絵を描く時のみ。
金持ちでもないのに、軽い気持ちで買うようなものではありませんね。

流石に控えます(汗



この感じ、もう今年は大きな買い物はやはりなさそうです。
今こうやってブログを更新しているメイン機の買い替えは、次のiMacまで待ちが確定してますし。

いやぁ…それにしても40万超えは驚きです…
ほんとマジモンのプロとか、絵描きが趣味の金持ちの方しか買わないのではなかろうか…



アァ、オカネホシイデス。





歓びと哀しみの葡萄酒

今週は『即位礼正殿の儀』があったりで平日が祝日になり、
普段より休めている時間は長いはずなのですが、

「なんだか今週は疲れたな〜」

って感じがいつも以上な気がしている今日このごろです。



ここ1、2ヶ月で、なんだか関東圏…特に千葉県が立て続けに自然現象による
ライフラインのトラブルを起こしまくっていて、大変なことになっていますね。

9月の台風15号。

2週間前の台風19号。

そして今週金曜の大雨。

今週の大雨は確かに雨強いなとは思っていましたが、
ラジオでなんかすごいことになっていることを知り、内心驚いてました。

これだけ災害だったり大雨になると、
高騰してる野菜の値段もさらに上がるんじゃないですかね。首都圏は特に。
千葉県って、近郊農業で結構野菜の生産量がたかったはずですから。

小学生の頃に習った話なので、今は状況変わっているかもしれませんけどね。



うーん…



なんか明日は更新する気が起きないと思い、
ブログを更新し始めましたが、今日も今日とて何もネタが浮かびませんね。

まぁ終わりにしましょう。



20191027_1.jpg

20191027_2x.jpg

メガネの女の子が描きたかっただけですが、せっかくなのでメガネ無しも。

20191027_3x.jpg

泣きボクロよりも、口の下周りのホクロのほうが魅力的な気がして好きです。

髪のハイライトをどうしたらいい感じになるか色々試してますが、
なかなか「これだっ!」って感じにするのは難しいですね。