FC2ブログ

雷神の左腕

流石に前回の記事は適当すぎたなーと思いながらも、とくに反省はしておりません。

しかしながら、ずっとあの記事がトップにあるのも嫌なので、
埋めようと思います。



ちょっと前の記事で絵の練習の本を載せましたが、
ちまちまと進めております。

ただ、毎日帰宅後にメインPCに向かってガツガツやるスタイルでは持ちそうにない…
というか毎日メイン機を起動させる気力は私にはありません。

ベッドに寝転がって、タブレットPCに描いております。
『Surface Go』という非力ですがMicrosoft純正PCとして最適化されており、
エロg(ry…ゲフンゲフン…落書きをする程度になら全然OKなタブレットPCです。

なぜフルのクリスタが使えるiPad Proを使わないかだって?
「私はSAI派のニンゲンだからです。」

クリスタがクソだと言っているわけではありません。
単にSAIに慣れすぎてしまったため、クリスタに馴染めないだけです。
あのペンの描き心地から抜け出せません。
数年前からメモリ多く使えるSAI2(開発途中版)もリリースされていますしね。



そんなわけでSAIを使うにはWindowsOS搭載のPCしか方法がありません。
しかも直感的に描くにはWindowsOS搭載のタブレットPCという結論に至るわけです。

そしてSurface上でのSAI描き心地をいかにメイン機に近づけるか、
色々とシステム的にもハード的にも試行錯誤をし、今私の考えうるベストな環境に整っております。

ただ、画面が小さいのでツールウィンドウに圧迫されて、クソ描きにくいです。
そのため、レイヤーとブラシのウィンドウだけという最小以下の構成で描いてます(汗

ただここでブチ当たる問題があります。ショートカットキーによるアンドゥなどです。
Surfaceもキーボードを別途買っておりますが、寝転がっている状態でのキーボードの使用は苦痛です。
というか、Surfaceというものを知っている方ならご存知かと思いますが、
専用キーボードはカバーのような役目もあるため極薄で、不安定な場所では超絶使いづらいです。

そこで登場するのが『左手デバイス』です。
『左手デバイス』とはなんぞや?という方がもしかするといるかもしれないので端的に説明しますと、



「左手で使うデバイス」です。



もうちょっとちゃんと説明すると、「片手で操作できる入力デバイス」ですね。
時々ブログで話したりしますけど、一つのキー(ボタン)にショートカットキーを丸ごと設定して、
そのキーを押すだけで複数キー入力によるショートカットキーと同じ効果を発生させる装置で、
そんなキーが沢山付いているデバイスのことです。

色々と試して結果は出ているのですが、
まぁ適当に試したデバイスを紹介します。

20190423_3.jpg

おなじみと言いますか、私が6~7年以上愛用しているロジクールの『G13』。
傷だらけなのはそれだけ長く乱暴に使っているということです。
これほんと生産終了したのが残念です…7000円くらいで買ったのが、今では4万ですよ。馬鹿みたい。
頑丈ですし、まだ新品のストックが1つあるので、大丈夫ですけど。

ゲーミング用のデバイスですが、ショートカットキーを設定するデバイスとしても最強。
使いやすいし、キーもキーの数×3パターン設定できるのでホント最強です。
これがないと僕はダメになりそうです。冗談じゃなくて本当に。

最強なんですが…重くてゴツいです。
ウッカリ足の上に落としたら、足が大変なことになります。
普段遣いなら問題ないですが、ベッドに寝転がって使うには難ありです(汗

20190423_4.jpg

これは知っている方多いかも。セルシスの『TAB-MATE CONTROLLER』。
なんかワコムのキャンペーンで当選して貰ったクリスタの特典で安く購入できたので持ってます。

基本こいつはクリスタを使用するときに本領を発揮するようですね。
1度も使ったことがないのですが、ボタンの複数押しで別の入力が可能という複雑な感じのやつです。

小さいのにすごい。小さいのは好きです。
デバイスでもおっぱいでも、なんでも、小さくて高性能なのはロマンがあります。

ただ、他のペイントツールではJoyToKeyなどで無理やり動かすことになります。
無理やり動かすことには問題はなかったのですが、無理矢理のため、
ボタンの数だけしかショートカットキーが登録できません。

十字スティック(上下左右の4ボタン、1押し込み)+5の計10ボタン。
しかし押し込みと一つのキーは押しづらくてほぼ死キー。つまり実質8ボタン。
私的にはボタン数が足りなくてムズ痒くなり使用を諦めました。

20190423_5.jpg

『ACGAM R1』とかいうBluetoothリモコン。リモコンですが、キー入力デバイスとしても使えます。
1000円という安さで、昔iPad用に遊びで買っていました。
ボタンは十字スティックを含めて11ボタン。クリスタのやつみたいに、押しにくい部分は無し。
使いやすいのですが、Bluetoothの相性が悪いのか、PCとの接続がクソみたいな感じで頻繁に切断されて、
また再接続がうまくいかないことが多く、使い物になりませんでした…iPadととはちゃんと接続されるんですけどね…

これがちゃんと繋がるやつだったら、モバイル用途、ベッド用途としては最高だったかもしれません。

20190423_6.jpg

結果的にはこいつに落ち着きました。サンワサプライの『NT-19UH2BK』。
こいつも数年前に買って、イラレ用デバイスとして使ってました。
今は『NT-19UH2BKN』という中身は一緒の後継機が出てるっぽいですね。
見た目はただのちょっとゴツいテンキーですが、"プログラマブルテンキー"です。

各キー部分に、ショートカットキーを含める好きなキーを設定することができます。
一番最初に紹介したG13の劣化版ですね。でも小型です。

これなら、小さいのでベッドの上でも操作が不便ではなく、使えるレベルです。
ホントはクリスタのやつとかBluetoothのが使えると良かったんですけどね。
まぁでもG13と同じ感覚で使えるのはメリットです。十字スティックが欲しいところですが…

エンターキー引っこ抜いて、スティックに無理やり差し替えることも出来るのかもしれませんが、
私にそこまでの技術力はありません…ハンダ付けや大型金属の溶接ならできますけどね。



あとオマケ

20190423_7.jpg

謎メーカー。2年位前、パーツ屋で500円で投げ売りされてて、使えるかと思い購入。
端的に言うと、キーボードを半分に折った左側って感じ。重くてキーの押し心地がカスカスして気持ち悪い。クソ。
無駄にLEDでレインボーに光る。ダサくてクソ。

私はゲーミングPCとかみたいなLEDピカピカマシンが嫌いです。無駄に光らなくていい。




そんな感じで、ベッド用環境が揃ったわけです。

20190423_2.jpg

正直、ベッド環境に関してはまだまだ追求することができそうですが、まぁ今はこれでいいかなと。

ここまで書いておいてなんですが、クリスタがまともに使えるのだったら、iPadでいいと思いますよ。
セルシス純正のデバイスはiPadでは使えませんが、Bluetoothのリモコンが左手デバイスとして使えますから(汗

でも、WindowsOSのタブレットの強みもありますよ。

エロg(ry



…メインの環境はもう完成された感があるので、今後PCのスペックが上がるにつれて、より快適になるはずです。
ただ、デバイスがシステムに対応しなくなっていく可能性がありますね…

こうやって環境は揃っていきますが、
そのたびにこう思います…



20190423_1.jpg



一番肝心な部分は、自分の力でなんとかしないといけないのは大変ですな。





スポンサーサイト

手を伸ばし掴んだ筈の宝石は、掌から零れ落ちるものばかり

いやぁ…先月から、こうなることは分かってはいたんですけど、
想定外のことが色々と重なりに重なりまくった結果、仕事がファーってなっている感じで、
ブログを更新する気力も失せておりました。でもまぁ週1更新はキープです。

20190421_2.jpg

悪いこと…というか自分にとって不都合なことって、大体重なっておきますよね。
そういう思い込みなのかもしれませんが、私としてはそう感じております。

まぁ、あんま嫌なことばかり書いていても楽しくないのでこれくらいにしますわ。



となると、何か書こうかなーと思いを巡らせてみたものの、
この一週間、色々追われていたため、何もネタになるようなことが思い浮かびません…

世界的だったり、日本国内でも色々とニュースになるようなことは起きていますが、
それらについて語りたいことも無いですしね…


とういうことでもう終わりにしましょう←

20190421_1.jpg





indeterminate

記事の冒頭って、
本題とは別のどうでもいいようなことを書きたいなと思い、
毎回なんか身近なことをネタにしているのですが、
とく何も思い浮かびません…発想力が欠乏しております。



理想的なのは本題とは別の話をしているのに、
何かしら本題にニアミスしていたり、どこかに共通点があるネタですかね。

アニメとかでもあるじゃないですか。
前フリ、伏線と言いますか、サブフラグ回収とでも言いますかね。

登場当初は深い意味が無いと思っていたことでも、
物語の終盤に色々分かってきて「あれはそういう意味だったのか!」みたいな感じで理解できるやつ。
別に知らなくても作品を理解する上での道筋的には必須ではないですけど、気付いた人は楽しめるってネタ。

ゲームだと、旧作や同じメーカーのキャラや設定とかがこっそり登場している感じです。

まぁ物書きでもない私にそこまでの文章力はないので、
大体その時の思いつきで書いてますけどね←



先月放送終了し、かなり評価が高く注目を集めた。
または今も集めている『ケムリクサ』を今週かけてちまちま観て、
全部観終えました。(前日譚、12.1話、オリジナルも含め)



めちゃめちゃよかったです(語彙力)
OP・EDもよかったです。EDがとくによかったです(語(ry)

別に作品の内容の良さを語るつもりはありませんが、
興味ある方が観れば良いかなと。



世界観、設定、実に私好みの作品でした。
リアルタイムで観なかったことをホント後悔しております(汗

いや、発表当時は「お、なんか良さげな雰囲気のキービジュアルだな…」
とは思っておりました。でも自主的にスルーしました。

スルーした理由は、

「(ほぼ)3DCGアニメーションだったから」

です。
この作品のように主要キャラが3DCGメインで構成されている作品は久しぶりに観ました。
"久しぶり"というのは、もうず〜〜〜っと観ていなかったというレベルの久しぶりです。

私は3DCGアニメーションという理由で観ることを避ける傾向があります。



監督が同じ、たつき監督である『けものフレンズ(1期)』

『けものフレンズ』人気ですよね。
2期目は色んな意味で注目を集めておりますよね。

私は1期すら観ていませんので詳しい内容も知らず、
騒動の詳細も調べたわけでもないので特に言及しません。
1期が始まった頃や、1期が注目を集めていた頃に後追いで観ることをしなかったかと言うと…

発表当初、あのほんわかした感じ(本編を見ていないので実際には分かりません)が
私に合わなそうだなーと思ったのもありますが、一番の要因は先述の通り、

「3DCGアニメーションに基本的に抵抗感があるから」

というのが強いからかもしれません。
「何を時代遅れな…」と思われるかもしれませんし、今放送されている作品で、
作中で3DCGが多用されている作品なんてとてもたくさんありますよね。
むしろ、使わない作品のほうが少ないかと思います。

ただそういうのって、主要の登場人物は基本的に手描きであり、
遠巻きでのアクションシーンや、ロボットや乗り物など機械にて3DCGが使われることが多かったりします。
『作画レベル』という言葉が存在しますし、
大事なシーンは手描きのほうが良いことのほうが多いわけです。



そんな中、作中の主要キャラが3DCGのみなのに、
過去に抵抗なくすんなり受け入れられた作品もあります。

2001年放送の『星のカービィ』
カップヌードルのCMでも有名になった2006年の作品『FREEDOM』
今パッと記憶に浮かびませんが、他にもあるかもしれません。

けものフレンズと同様にトゥーンレンダリングによるアニメ調の演出に加え、
アニメ的かっこいい表現(無理なパースなど)を3DCGに応用した技術。
10年以上前の作品ですけど、2作品とも私としてはかなり良い作品だったと思っています。

でも、なぜ3DCG受け入れられて、楽しく観えたのだろうと、
今こうやって思い返してみると…

・カービィは、登場キャラが全員人外(例外もあり)だった。
・FREEDOMは、大友克洋さんのキャラデザに忠実な感じのモデリングで、頭身高めの人物だった。

それとこれは結果論でしかありませんが、最後まで良いストーリーだった。
という感じですかね。

それに比べて、けもフレは…
いわゆる美少女系のデフォルメの効いた感じのキャラモデル。

それだけ理由。

モデリングのデザインって、要は『絵柄』ですよね。
そうなると、別にモデリングの好みが合わなかっただけで、
「3DCGだから」という理由はちょっと違いますよね。
いわゆる普通()の2Dアニメーションだって、好みでない絵柄はたくさんある訳で、
それによって見る見ないの判断をすることだってあります。

これは私の中での無意識的は判別かと思うのですが、
美少女アニメキャラのモデリングであるが故に、
要求するハードルが勝手に上がってしまっていたのかもしれません。



つまり私は、今まで3DCGアニメーション作品を観ていなかった理由を、
単に「絵柄が合わない」だけだったのにもかかわらず、
「3DCGだから合わない」という間違った理由付けをしてしまっていました。

そんな固定概念を持ってしまっていたが故に、
ちゃんと知ろうと、見ようとせず、様々な作品をスルーしていたということです。



とても…もったいないことをしたな…と。



絵柄はアニメを観る上で、私にとっては重要なことになりますが、
3DCGアニメに対する考え方を改めるべきだと思いました。



少なからず、『ケムリクサ』は面白かったです。



このご時世なのに、ほんと今更って感じですよね(苦笑
私が考え方の古い人間なのでしょうかね。

今流行りの『VTuber』に何かしらの抵抗感があるのも、これが原因かもしれません。
よく知りもしないので、その存在を否定も肯定もしませんけど。



人生において確固たる信念と言いますか、
ここだけは譲れない部分ってのは、少なからず誰しもが持っているモノかと思いますけど、
こういったコンテンツに関しては柔軟なほうが人生楽しめますね。

知らないほうが良いこと。
知らなくてはいけないこと。
知らなくてもいいけど、どちらかといえば知ったほうが良いこと。

3つ目を多く知っていきたいものです。





忘レモノハ在リマセンカ…?

他の地域は知りませんが東京の私の住んでいる近くの桜は、
ここ数日の雨風に晒されて、ほぼ散りました。
地面が桜の花びらでグチャグチャになってるのが勘弁してほしい感じです。

なんか5月中旬くらいの気温くらいまで暖かくなったと思ったら、
また急に寒くなったりと、なんなんでしょうね。桜の花びらより勘弁してほしいですよ。

今久しぶりに暖房入れていますけど、
4月って普段暖房なんて入れてたかな…と思い返してみたのですが、記憶にありませんね。
"4月は暖房器具を使っていなかった記憶"ではなく、
"使っていたか、そうでないか記憶がない"という意味です。

誰もそんなこと意識しませんよねー。
そうやっていつの間にか暑くなって夏になったと思ったら、寒くなって冬になります(汗

時間が経つのが早い…
前にも書いたかもしれませんが、時間が経つのがほんと早い…
1ヶ月があっという間に終わってしまいます。

あまり良い意味ではありません(汗



この心の底から「……ぁぁぁあああああ~~~っっっ!!!」ってなる、なんとも言えない気持ち…
きっと誰しもが何かしら似たようなことを思っていることでしょう。知らんけど、きっとそうでしょう。



前回、カラーイラスト描き上げてキリが良いので、
絵について色々と思うところがあり…っていうのはいつものことなんですけど、
ポーズや向きとか色々なことが単調だなと改めて痛感しております。

2つ前の記事でずっと昔のイラストの写メをアップして、
色々な構図に挑戦していないことを言及しましたが、今でもそれは変わらず…
挑戦しても思うように描けず、無難というか単調なモノしか描いていませんでした。

たぶん、このまま描いていても、凝った感じの仕草や構図は描けないでしょうね。



てなわけで基本からやり直そうと思います。

20190411_2.jpg

こういう本、絵を描き始めた10年くらい前に1冊買いましたが、
よくわかんなくて何も吸収できずに理解することを諦めた人間です(汗

今度こそはしっかり理解というか、体で、感覚で覚えようと思います。のんびりと。
別に金を生み出したいわけではないので、自分のペースで。楽しめる範囲で。じゃないと私は潰れかねない(汗

吸収力も衰え、どうせすぐには上手くなりませんしね。
長期的な目で頑張ろうかと。



最近、仕事をしつつ趣味で本格的に創作をする方々ってすげーなーと改めて思っていたりします。
イラストだったり、マンガだったり、小説、音楽、なんでもそうですけど、すごいなぁと。

いやぁ…もうほんとすげぇな…という尊敬の気持ちしか無いです。
語彙力なさすぎて申し訳ないんですけど、でもそんな感じなんですよ(汗

で、私も頑張りたいなぁと。そしてまた同人誌出せるくらいの感じになりたいなと。



ゲームも楽しいですけど、極めるまでには至る気はしませんしね…。
まぁ、それでもゲームもしますけど。

20190411_1.jpg





心に深い闇を飼った者にとって逆らえない魔性の音

イカのゲームが久しぶりに色々と更新されたので、

「よし、久々にガッツリやったるか!」

と思って意気込んだのは良いものの、連敗を続けて速攻でやめてしまいました…
もうかなり腕が衰えてしまっているのかもしれません(汗

ゲームにはいろんなジャンルが存在しますが、
私は対人系のFPS、TPSゲームが特別好きというわけではありません。
嫌いでもないですけど、イカは例外的に面白いって感じです。



…と、ここからゲームのジャンルネタについて書こうかなーと思っていたのですが、
眠くてなんかめんどくさくなってきました…

やめます←

1つ前の記事でいっぱい書きましたし、いいですよね。



20190407.jpg

先週間に合わなかった絵がやっと描けました。
背景は無理です…

今更ですけど、左腕ってこれ無理がありますかね。
肘から肩にかけてが長いというか、肘から手にかけてが短いというか…
塗り終えないと体のパーツのサイズ感て、イマイチ想像するのが難しいです(汗

あぁ…もっとこう…可愛く描けるようになりたいです。
人体構造もちゃんと違和感ない感じで。



この絵を描いているときに気付いたのですが、
使っている液タブに常時点灯のドットがあることに気付いてしまいました…

モニタのどこかのピクセルだけが表示されないドット欠けの反対で、
画面が黒に暗転しても、そのピクセルだけは色が点灯してるやつです。

20190407_2.jpg

見えますかね。
矢印の先に他とは異なった発色をしているピクセルがあります。

幸いなことにそのピクセルはモニタの一番端に存在するので、
まぁ…支障は無いんですけどね。
でも、精神衛生上はよろしくないですね…『存在する』ということが。



「しょーもなっ!ちっせー人間だな!」



と思われる方も多いかもしれませんが、
こういうのって、ガジェット好きな人は気にされる方が多い事案です。

私は運良く、ドット問題ある製品を手にしたことが、
今までにPSPくらいしか経験がありませんでした。
でもPSPは画素数低く、画面の中央辺りにあったのでめちゃ気になりました。

モニタの品質の良さを謳ってるメーカーによっては無輝点保証を行ってる所もありますが、
Wacom製品はドット問題は基本的に保証対象外なのでどうにもなりませんね。
返品対象だったとしても、画面端なんで返品の準備のほうが手間でしませんけど(苦笑

買ってちょうど1年くらい経つのですが、今までは全く気付きませんでした。
いやぁ…気付きたくなかったです(汗



これが画面の中央とかだったら最悪でしたよ。
このご時世だと、スマホにドット抜けがあっても最悪ですね。
日常的に毎日目にするモニタですから、絶対気になります。

ドット抜けじゃないですけど、
スマホの画面が割れてるのにそのまま使い続けてる人の神経が理解できません。
図太いなと…私なら気が狂いそうなので、
速攻で修理出してその間は昔使ってた機種でも使いますよ。

今までスマホやタブレットの画面を割ったことはありませんけどね。



とか言ってると落として割りそうです(汗

今使ってるiPhone Xsはフィルムを貼っていませんし、
ケースもスリ傷を防止するためだけの超極薄ケースを使ってるので、
落としたら一発でアウトでしょうね…ああ怖い…